ケーロッドの未来予想図

物流業界の現状

現在の運送業界のイメージといえば、このようにお持ちではないでしょうか?

「危険運転」、「事故」、「労働時間超過」、「怖い人が多い」…etc…..

このようなイメージを持っている方が多いのも事実です。

業界全体で課題も多く出てきています。

「仕事があるのに人手が足りない」、「燃料費高騰による利益の逼迫」、「安全・コンプライアンスの厳格化」が代表例ではないでしょうか。

物流業界は車両台数10台以下の零細企業が全体の56%と半数以上を占めています。

このような企業が日本の運送業界を支えているのです。しかし、台数(稼働台数)が少なければ、上記の課題解決することがますます難しくなります。

例えば、稼働台数が少なければ、安全対策の講習を実施したり、利益を確保しつつ労働時間を遵守することが難しくなります。

今後もEC通販の発達などにより物流の重要性は増していきます。

物流業界は様々な課題を突き付けられながら、大きな変化を求められている業界です。

きゃおぷ

ケーロッドの想い

「人財」が要

私達、株式会社ケーロッドでは、このような現状を打破したいと考えています。

私たちが大切にしているのは「人財」です。

お客様を始め、地域の皆様に愛され必要とされ続ける人づくりを徹底しています。

従業員一人一人の”感じのいい接し方”=「Feeling Good!」を大切にしています。

私たちに必要なこと

人材育成

「基盤」を固める

人財育成をするためにも、会社の基盤は非常に大切になります。

当社に共感をしてともに歩んでく社員数は50名を越えてきており、仕事も安定していただいています。

安定した仕事があるため、社員の労働時間を厳格に管理でき、安定した待遇をお渡しできています。

安全対策にも力を入れたり、お客様によりよいサービスを提供するための運賃交渉、コンプライアンス遵守などに

取り組めるのも会社の基盤があってこそです。

ケーロッドはさらなる発展とともに、「人財」のレベルを上げるために、一緒に働ける仲間を募集しています。

ケーロッドの10年ビジョン

2019年

お客様に必要とされる企業

車両台数40台 社員数50名 拠点数2拠点

2022年

お客様・地域に愛される企業

車両台数80台 社員数100名 拠点数3拠点

2024年

お客様・地域にとってなくてはならない企業

車両台数100台 社員数120名 拠点数3拠点

2029年

入間市を代表とする企業/家族で働きたい企業

車両台数150台 社員数200名 拠点数4拠点

代表メッセージ

代表取締役 久礼 亮一

私たちは、物流を通して“お客様に”、“地域の皆様に”、“ケーロッドの社員に”ありがとうと心から言ってもらえる会社つくりをしています。そのために、ケーロッドはまだまだ成長をしていかなければなりません。会社の基盤をより盤石にし影響力を高めていきます。

私たちのビジョンや夢に共感してくれる方と一緒にケーロッドをより大きく、より輝かせ、より愛される会社へとしていきましょう。

詳しいお仕事内容はコチラ

募集職種一覧

あなたもケーロッドの一員として頑張ってみませんか?

あなたのご応募をお待ちしています!!

応募フォーム

※は必須項目になります。

お名前 
応募職種 
TEL 
メールアドレス
自由記入欄
ページトップへ